肌のトラブルの悩み解消方法があります!

肌のアレルギーとは

  • アレルギーは結構多いのです、人は何かに対して「何かしらアレルギーを持っている」のです。
  • 食べ物を考えてみるとたいていの人が普通の食事で食べるたまご、そばです。
  • ちなみに私の息子はアスパラガスです。
  •  

  • くの人が何ともなくても、刺激になってしまうアレルギー肌の人。
  •  

  • アレルギーを持っている人にとって「なぜ?」といわざるを得ない問題です。しかし、それが時に命にも関わる「厄介な物質」になります。
  •  

  • 皮膚、肌です、これも同じです。受け受け入れない症状としては赤く腫れたり、ただれたり、発疹が出たりします。普通それを私たちは日頃よく使う意味での敏感肌などといっていますが、特に化粧品などでは使います。
  •  

  • 粧品などは「常に敏感肌」というより、「肌が過敏になっている時」と言い表すのが近いように思います。

 

 

敏感肌の原因

 

肌の表面を保護するものを失った肌の状態では水分を保つ(保湿)ことができない。

 

  • 外部の刺激をもろに受ける。
  • 悲劇を受ける、ぴりぴり感、チクチク感といった実際の痛みを感じる。
  • 炎症を起こし赤くなったりする。
  • 吹き出物ができたりする。

こうした症状です。

 

化粧品も肌にとっては一種の異物といえるので、このような刺激を感じることがあるのです。

 

 

敏感肌の基準とは

化粧品で刺激を感じたのはたまたまだったということで、誰にでも起こり得ることです。

 

ひとつの化粧品を使って「すごい刺激を感じた」または「2〜3回使ってぴりぴりした」といって、「私は敏感肌」と決め付ける必要はありません。

 

少し時間や日を置いて使った時に何の変化が泣ければ問題内のです。自分の肌を良く知ることが重要です。

 

使用時期で変化がある

 

季節の変わり目、疲れや寝不足、女性ならではのサイクル等で、肌の調子の良し悪し
があります。

 

  • 一度ですぐに、自分は敏感肌だと決め付けたり、あきらめたりするのは早計です。
  •  

  • むしろ自分の肌が、今は過敏になっているという状態を認識することの方が大事なのです。
  •  

  • 要以上に心配しすぎるのも良くない事ですが、かといって、かゆみや赤みが続いている状態を無視して無理して使い続けるのも問題。
  •  

  • 今が、たまたま過敏な肌状態なのか、アレルギーなのかを見極める必要があります。
  •  

    スティンガー刺激とは

    レルギーではないけれど、ちょっとした刺激を感じやすい肌。こういう人をスティンガーといいます。それは

     

    • スティンギング刺激です。
    •  

    • 粧品を肌につけた時、肌トラブルとまでいかないけれど、ちょっとの間だけぴりぴりとかむずむずした違和感を感じる刺激

     

    のことを呼びます。